ほうじ茶

ここ最近、ほうじ茶がブームになっています。

ほうじ茶スイーツ、ほうじ茶美容グッズ、ほうじ茶アロマ・・・

そんな ほうじ茶について少しご紹介させていただきます。

 

■ほうじ茶の健康効果

・カテキンによる強い殺菌効果
口に含むと口内環境の悪い菌が減少し、虫歯や口臭予防に繋がります。
ほうじ茶でうがいをすることで、風邪やインフルエンザの予防にも繋がります

・美肌効果
カテキンによる抗酸化作用で、老化を招く活性酸素を除去する効果があります。
お肌の回復力を高め、若々しい肌を保つ手助けになります。

・脂肪減少効果
カテキンには脂肪を分解する効果があります。
ほうじ茶を食後に飲むことで、脂肪がつきにくくなる効果が期待できます。

・冷え性改善
ほうじ茶独特の香りに含まれるピラジンには、血管を広げる作用があります。
その為、血流アップによって冷え性解消にも繋がります。

・リラックス効果
ピラジンにはリラックス効果があります。

【お勧めの飲み方】
・健康的な効果を期待する
朝に飲むのが最適です。
ほど良いカフェインが体を目覚めさせ、血管が広がって体が暖まり、活動しやすい状態にしてくれます。

・リラックス効果と体温保持
心地よい香りにはリラックス効果があります。
ほうじ茶はその他のお茶と比較してカフェインの量が少ないです。

 

ちょっと意識して、ほうじ茶を生活に取り入れてみたいですね!

 

よもぎ蒸し

【よもぎ蒸し】

韓国では600年以上前から出産後に行われていた療法で、
肛門と子宮の粘膜からよもぎ漢方薬の湯気を体内に吸収させ、
下半身から温める伝統的な民間的療法です。

<よもぎ蒸しの嬉しい効果>
・冷え性改善
・女性ホルモンの正常な分泌を促す
・子宮を健康な状態に戻す
・血液循環を良くする
・新陳代謝促進
・疲労回復
・皮膚美容
・アトピー性皮膚炎
・スキンケア全般
・アンチエイジングケア
・デトックス
・免疫アップ
・アレルギー
・体質メンテナンス
・肩こり
・首こり
・片頭痛
・疲労感
・生理痛
・生理不順
・PMS
・不妊
・更年期
・減脂減量
・水分代謝促進
・むくみ
・筋力アップ
・イライラ解消
などなど、、、

<よもぎ蒸しの体験方法>
何も着用しない状態で座面に穴のあいた椅子に座り、
首から下をすっぽりと覆う専用のマントを着ます。
椅子の下によもぎをはじめとする数種類の生薬を入れて煎じ、
椅子の穴から生薬の成分を含んだスチームを発生させます。
下半身にスチームを当てていくことで、
体の内側から温まっていきます。
約40分ほどしっかりと温まります。

よもぎの栄養価

◎食物繊維
ほうれん草の10倍以上もの食物繊維が含まれています。
腸を解毒してきれいにする作用や、便秘の予防に役立ちます。
ダイエット効果、デットクス効果、便秘解消が期待できます。

◎葉緑素であるクロロフィル
ユーグレナやスピルリナに多く含まれる栄養素としても最近注目のクロロフィルは、よもぎにも非常に多く含まれています。
造血作用を促進するので、貧血の予防に役立ちます。
コレステロールを下げる働きがあるとも言われています。
その他にも、貧血の予防改善、美白美肌効果、発がん防止が期待できます。

◎アンチエイジング効果
老化の原因となる「糖化」の原因物質を分解する働きがあり、よもぎ抽出物を肌に塗る事で肌の弾力が戻ります。

◎その他
・消毒止血作用
・肌荒れやニキビの改善
・冷え性改善
・精神安定
・ストレス解消
・口臭や体臭の予防

ハーブの女王とも呼ばれる「よもぎ」
期待できる効果には様々なものがありますが、上手く生活に取り入れたいですね!