気象病

気象病とは、天気によって引き起こされる体調不良の事です。

気象病は「内耳」(鼓膜の奥にある、かたつむりのような形をした器官)
が敏感な人がなりやすいと考えられています。

内耳で気圧の変化を感じると、
センサーでキャッチした気圧の変化の情報が脳へと入り、
自律神経系を活性化させます。

ここで、内耳が気圧の変化に敏感だと、少し気圧が変化しただけでも、
過剰に脳に情報が伝わり、交感神経か副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

【気象病の予防方法】

まずは、自律神経系のバランスを整える生活を送ることを心掛がけることが大切です。
適度に体を動かし、起床時刻はなるべく毎日同じ時刻にして、
朝食はしっかり食べた方が良いです。

気象病の人は耳の血流が悪い傾向があるとも言われています。
耳の血流をよくすれば、気象病の予防にも役立ちます。

1~5のマッサージを1日3回、
痛みの出ない程度の力で行うと良いです。

1、耳全体を手で覆うようにして温めます。

2、耳を上下横に5秒ずつ引っ張ります

3、耳の横の部分をつまみ、軽く引っ張りながら後ろに向かって5回ゆっくり回します

4、耳の下に親指を当て、上に人差し指を当てて上下に折り曲げます。
この状態で5秒キープします

5、耳全体を手で覆い、後ろに向かって円を描くようにゆっくり5回回します

今年は台風の発生が多いので、気象病に悩む人も増えているそうです。
簡単にできる予防方法もあるので、
少しでも症状を和らげる工夫をしていきたいですよね。